酒処 まるひら 代官山

うちにはプレミアム焼酎なんてありません。

山川紫うえぞの

山川紫うえぞの

【植園酒造/鹿児島県】 900円

鹿児島でも五指に入るといわれる名杜氏、植園正人氏が心血注いだ一本。山川紫という非常に高価な紫芋の原種芋を使用し黒麹で仕込んでいます。紫芋を使った焼酎は数ありますが味わいと香りがこれほど高次元でバランスしているものが他にあるでしょうか。

赤兎馬 紫芋

赤兎馬 紫芋

【濱田酒造/鹿児島県】 900円

紫芋『綾紫』を使った焼酎をブレンドした「紫の赤兎馬」華やかな香りはそのままですが、紫芋らしいフルティーな香りとやわらかな甘みが加わって、なんとも言えない感動的な味わいに仕上がりました!

くじら

くじら

【大海酒造/鹿児島県】 800円

大海原に生きる鯨のような柔らかく華やかな香りと、力強さが特徴です。 白麹を使用して黄金千貫と言う甘藷で仕込み常圧蒸留した香りの強い芋焼酎の入門編的な逸品です。

相良兵六

相良兵六

【相良酒造/鹿児島県】 750円

厳選したさつま芋(黄金千貫)を原料に黒麹を使用して昔ながらの丁寧な造りで醸され、荒濾過で仕上げられた芋焼酎です。濃厚で飲みごたえのある深い旨みと鼻孔をくすぐる芳ばしい香り、柔らかな飲み口の逸品に仕上がっています。

明るい農村

明るい農村

【霧島町蒸留所/鹿児島県】 800円

明治44年創業の霧島町蒸留所が伝統的なかめ壺で仕込んだ芋焼酎です。地下100mlから湧き出る霧島の美味しい水で仕込んだ明るい農村は香りとまろやかなコク、さらりとした甘みが特徴です。

角玉

角玉

【佐多宗二商店/鹿児島県】 750円

契約農家で丹念に栽培された頴娃(えい)町産の黄金千貫だけを使い、幾年の研究を重ねた黒麹により造られる。たっぽりとした豊かな芋の風味に加え、口当たり・のどごしが良く飲むほどに馴染んでくる芋焼酎好きのための本格芋焼酎です。

なかむら

なかむら

【中村酒造/鹿児島県】 900円

芋の華やかな香りが漂うのですが、いままでの芋焼酎の香りとどこか違います。透明感のある香りとでもいいましょうか?心地よさを感じます。深みのある芋の香り、味わいがしっかりと感じられ、かつとても飲みやすく仕上がってます。

富乃宝山

富乃宝山

【西酒造/鹿児島県】 900円

麹に日本酒で使われる黄麹を使い、モロミを吟醸酒のように低温発酵させて醸す真さに「吟醸酒に負けない焼酎」です。芋焼酎の入門用としても最適です。

薩摩宝山

薩摩宝山

【西酒造/鹿児島県】 700円

しっかりと芋を感じさせながら丸さを 感じる飲み口の心地よさ。 1845年の創業以来、吹上町で淡々と伝統を 守り続けてきました。 すべての宝山シリーズの、旨さの基準となる一本です。

青酎 (35度)

青酎 (35度) 50cc

【青ヶ島酒造/東京都青ヶ島】 900円

幻の焼酎とも言われた青ヶ島の芋焼酎。ドライになりがちな麦麹の焼酎にあって、やや控えめながら独特の芋の香りと、まろやかですが、高度数からくるガツンとしたパンチもあり、現代の主流である洗練された香り、味わいとはだいぶ違った味わいです。

吉兆宝山

吉兆宝山

【西酒造/鹿児島県】 900円

黒麹で醸した芋焼酎の逸品が吉兆宝山です。あえて、手間暇をかけて小仕込みの甕壷でモロミを発酵させて醸します。本格芋焼酎が楽しみたい方には迷わずこの焼酎をお勧めしております。

元老院

元老院

【白玉醸造/鹿児島県】 800円

樫樽で長期熟成した麦焼酎と、タンク仕込みの芋焼酎とをブレンドしたもので、麦焼酎の辛味、芋焼酎の爽快な甘味がどちらも味わえると大好評。どちらかというと、焼酎というよりもまるでウイスキーのような味わいです。あの魔王の蔵です。

できるかぎり、がんばって仕入れます。

酒処まるひら

飲み助大好き

お酒について

肴とお料理

お店の紹介

営業時間/地図

お酒のメニュー

ページトップへ

代官山03-5458-5772 道玄坂03-3496-1440